メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

学術大会・講習会

このページはHomeの中の学術大会及び総会・講習会案内のページです。

学術大会及び総会

第68回 日本良導絡自律神経学会 (JSRM) 学術大会

同時開催

<一般社団法人>国際良導絡学会
International Federation of Ryodoraku Medicine
IFRM:設立記念シンポジウム
IFRM Inaugural Symposium

大会テ−マ 『 発 展 す る 良 導 絡 』

English description is here!

ご挨拶

JSRM大会長 佐野 敬夫 先生 photo 第68回 日本良導絡自律神経学会(JSRM)学術大会々長
佐野 敬夫

 JSRM北海道支部 / 部長・JSRM査読委員長・札幌産婦人科医会 / 会長・朋佑会札幌産婦人科 / 院長

ようこそ札幌へ、そして『発展する良導絡』
 みなさん、こんにちは。
 日本良導絡自律神経学会学術大会は毎年、各地でさまようように行われてきました。
 12年前の札幌では中根敏得会長のもとで華々しく開催されました。当たり前ですが干支は同じく申年。お猿さんと縁がありそうです。ただし北海道には動物園以外にはお猿さんはいません。
 当時ははだバブルがはじけて間もなく、景気もさほどどんづまりではなかったので、テーマは『闘う良導絡』と威勢がよく、懇親会の二次会はキャバレーと前代未聞の規模で行われました。さすが中根先生でした。
 学会で一番大事なのは会場の確保と参加者の宿泊の確保です。3年前の沖縄大会で札幌と決まった数日後に、特別講演を、2011年に日本東洋医学学術大会で会頭を勤められ、みごとに成功させた北海道大学の大塚吉則先生にお願いして、さらに北大交流会館の予約を取って頂きました。北大近辺には宿泊施設も多く、参加された先生達にはけしてご迷惑をかけないことと思います。
 懇親会場は北大交流会館の斜め向えにあるアスペンホテル。歩いて4,5分ほどです。絶対に迷うことのないようにあえてここを選びました。フロアの真下が一般宿泊者の部屋なのでドンチャン騒ぎはできませんが、とにかく便利で確実なのを優先しました。ささやかに語りあいましょう。
 さて、『発展する良導絡』というテーマについて。
 良導絡は経絡現症を客観的にしかも手軽に知ることができる手段であります。ただ、気になることはほとんど良導絡学会内部だけの勉強会で、こんな素晴らしい手段を世間が注目してくれないのは残念なことです。
 私自身、最近になって北海道産婦人科学術講演会で『機能性下腹部痛に対する円皮鍼の効果』という演題で発表しました。しかしながらオーラルで朝の三番目だったので人の集まりが悪く反応は今一つでした。そこでしぶとく札幌市医師会医学会でも発表しました。この学会の一般口演はすべてポスターなので、参加者には確実に伝えることができます。産婦人科医の参加者は5,6人くらい、さらに良導絡の仲間も来てくれたので全員10人近くと産婦人科のセッションの中では大勢の人が集まりました。
 篠路整形外科の森健太郎先生も、腰痛関係の学会に2題もエントリーしています。頼もしいかぎりです。
 さらにしつこく私ごとですが、今年から札幌医科大学で鍼灸関係の講義の依頼を受けました。もちろん良導絡の素晴らしさと面白さを若い医学生に伝える所存です。
 最後になりますが、今回の日程は3連休の始めの2日間で、最後の1日は参加者の皆様が札幌、北海道を楽しむように配慮したつもりです。あとはお天気。これはどうにもなりませんね。参加された先生方にとって良い思い出となるのを祈っています。
JSRM学会長 伊藤 樹史先生 photo 日本良導絡自律神経学会(JSRM)会長
伊藤 樹史(たつし)

 東京医科大学 / 名誉教授(麻酔科学)

 平成28年10月8日、9日の両日、第68回日本良導絡自律神経学会学術大会が札幌という大きな舞台で行われます。
 新幹線の開業もあり会員の皆さんが北海道に向かって一本のレールが引かれたわけであります。良い時期を選んでの学会だと思います。大勢の会員の皆様の参加を是非お願い申し上げます。大会会長の佐野敬夫先生を支えていただいているスタッフの皆様にはまずはご苦労様とお礼を言いたいと思います。
 早いもので、昨年の第67回学術大会は森川和宥先生の主催で行われたことはまだ記憶にも新しく、今までにない会員の参加数であったと聞き及んでおります。森川前大会会長のテーマは"良導絡を理解"させ、いかに"普及させ繁栄させる"かでした。
 今回の学会のテーマは、さらに"発展する良導絡"と未来に向かっての飛翔をイメージとしています。佐野大会会長の思いが重く伝わって参ります。このためには会員の意識が大切だろうと思いますし、良導絡の学会のあり方や発表形式など基礎固めから始め、将来を見据えた良導絡の発展に強い思いを込めた、会長の深い心が伝わってきます。近々、学会の内容もまとまってくれば次第に詳細発表があると思います。
 良導絡治療で日頃燃えている多くの会員の参加こそ大会を動かす力です。全国の会員からすばらしい研究成果の発表を拝聴したいと思っています。
 良導絡自律神経学会としての意味するところは、良導絡と自律神経という大きな重みのある冠がついた学会であります。研究発表にあたっては"良導絡"と"自律神経反応"についての内容を盛り込んで欲しいと思います。ただ"効果があった"だけの報告では不十分です。その積み重ねと深い自律神経の研鑽があってこそ、世界と肩を並べ、さらにリードする国としてふさわしい姿だろうと思います。
 また国際良導絡学会設立記念シンポジウムが同時に開催されます。こちらにも振るって参加していただきたいと思います。
IFRM学会長 中根 敏得先生 photo 国際良導絡学会(IFRM)会長<暫定>
中根 敏得

 中根 敏得リハビリテーション・内科・小児科 / 院長・良導絡永久専門医

ごあいさつ
 本年10月、北海道札幌市において、一般社団法人国際良導絡学会設立記念シンポジウムをを開催する運びとなりました。これは、第 68回日本良導絡自律神経学会学術大会(大会長 佐野敬夫 医博)の開催に同時並行して行われます。
 予定の学会内容は各診療科の良導絡測定・診断、電気針治療、症例報告などの講演であり、またポスター発表も大歓迎です。さらに基本実技・治療実技の公開、並びに各自の実技指導も行います。
 季節は10月ですから、山々の紅葉が美しく、旬の食べ物、海のもの山のものが美味しい季節でもあります。皆様ご家族お揃いでご参加いただければ幸甚と存じます。
 顧みますと、北海道は1970年以来、良導絡と深く関わってきました。1980年4月、北海道良導絡学院を開設しました。良導絡創始者 中谷義雄 医博の没後、まる2年後のことでした。これは、1975年に開設した(株)札幌良導絡医学研究所を母体として設立しました。
 この学院は、日本良導絡自律神経学会(会長 野津 謙 医博)認定校であり、日本唯一の学校として、日本良導絡自律神経学会医学会の先生方の賛同を得て、講師としては20数名の先生方のご協力も頂きました。
 1995年4月には、学校法人淳心学園 北海道千歳リハビリテーション学院が開校されました。この学校の特色は、良導絡療法を導入した厚生省認可の理学療法士養成校として「理学療法士」の国家資格に加えて日本良導絡自律神経学会認定の「良導絡師」の資格も与えられるものでした。なお、学校法人の付属実習施設として、良導絡診療所を併設したことも特色の一つでした。しかし、日本医療のご時世により、残念ながら、今はリハビリテーションのみになっております。
 千歳市は、北海道の玄関口である国際空港もあり、学院の在る向陽台団地は、閑静な街として諸外国の方々はもとより、国内の方々もが良導絡医療を学び、世界の人々との交流を深めるためにも最適であると思い、再びこの土地を選びました。
 建学の精神として「良導絡」の精神を掲げて「淳き心」でかかわった当時を思い起こし、この度、(株)札幌良導絡医学研究所を母体として一般社団法人国際良導絡学会を立ち上げることができました。
 「国際良導絡学会」にお手伝いさせて頂きますことを嬉しく思います。

2016年3月31日
国際良導絡学会会長
医学博士 良導絡永久専門医 中根敏得

学術大会概要

主催 : 日本良導絡自律神経学会 (担当:北海道支部・東日本ブロック)
後援 : 札幌市、一般社団法人北海道医師会、一般社団法人札幌市医師会、公益社団法人全日本鍼灸学会、公益社団法人北海道鍼灸師会、公益社団法人東洋療法学校協会、北海道鍼灸専門学校、札幌青葉鍼灸柔整専門学校、北海道メディカル・スポーツ専門学校、医道の日本社
期間 : 2016年10月8日(土)〜9日(日)
9日(日) 国際良導絡学会(IFRM)設立記念シンポジウム
大会テーマ : 『発展する良導絡』
大会々場 : 北海道大学 学術交流会館
〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西5丁目
TEL:011-716-2111(代表)
URL: http://www.hokudai.ac.jp/introduction/campus/hall/
◆JR札幌駅北口から徒歩約7分
◆地下鉄南北線北12条駅から徒歩約4分、さっぽろ駅から徒歩約10分

第68回日本良導絡自律神経学会学術大会会場 photo
懇親会場 : 日時:平成26年10月8日(土)
札幌アスペンホテル
〒060-0808 札幌市北区北8条西4丁目5番地
TEL:011-700-2111
URL: http://www.aspen-hotel.co.jp/
◆札幌駅北口から徒歩2分 ※大会会場から徒歩4〜5分

第68回日本良導絡自律神経学会学術大会懇親会場 札幌アスペンホテル photo

Google MAP はこちらです。

JSRM大会プログラム

特別講演 : 『現代の温泉・気候療法』
大塚 吉則
(北海道大学教授)
JSRM会長講演 : ヒトの不思議な複雑性に挑む科学―良導絡自律神経療法―
『臨床で見る良導絡と交感神経分布と経穴の新デルマトームへの展開』

伊藤 樹史
(東京医科大学名誉教授)
JSRM大会々長講演 : 『我が良導絡の歩み』
佐野 敬夫
(札幌産婦人科医会 / 会長・朋佑会札幌産婦人科 / 院長)
実技公開 : 良導絡基礎講座・測定実技(青年部)
良導絡臨床実技
一般口演 : 20題予定
ポスター発表 : 10題予定(Poster session)

IFRM設立記念シンポジウム (2nd circular)

基調講演 : 『題名未定』
小田 博久 (予定)
元 MEIJI COLLEGE OF ORIENTAL MEDICINE(M.C.O.M)<カリフォルニア州・バークレー市> 学長)
IFRM会長講演 : 『題名未定』
中根 敏得
(中根 敏得リハビリテーション・内科・小児科 / 院長)
ワークショップ : 基本実技・臨床応用

ポスター発表 : 10題予定(Poster session)
IFRM Poster Abstract Guidelines:(PDF)

演題募集

応募要項 : 良導絡の基礎研究、良導絡による臨床症例、その他、良導絡に関連する研究(ただし会員限定)
詳細については「 一般口演・ポスター発表の演題募集要項 」をお読み下さい.
  • 演題募集:平成28年7月15日(金)より平成28年7月30日(土)まで
  • 抄録募集:平成28年7月15日(金)より平成28年8月27日(土)まで

参加費等

参加費予約 : (平成28年8月末日までに事務局へ送金された場合)
会員   10,000円
一般   12,000円
学生   1,000円
参加費当日 : 会員   12,000円
一般   15,000円
学生   3,000円
懇親会費 予約 : 10,000円 (平成28年8月末日までに事務局へ送金された場合)
懇親会費 当日 : 12,000円
昼食代(お茶付)  
9日(日)のみ:

1,000円(予約制)<立食バイキングをご用意します>

予約申し込み

振込 :
本会機関誌に同封の振込用紙にて大会事務局まで(平成28年8月末日まで)

振込口座番号 00120−6−718090

加入者名 日本良導絡自律神経学会学術大会

※一般・学生の方は、郵便局の振込用紙に必要事項を記入して該当する金額をお振込下さい。
懇親会参加希望の方は振込用紙の通信欄にその旨を記入し、参加費との合計金額をお振込下さい。

宿泊申し込み

申込書 : 宿泊を希望される方は、学会ホームページより<申込説明書>および<申込書>をダウンロードし、平成28年8月末までに下記の名鉄観光サービス宛にFAXでご連絡頂くか、メールに添付してお申込み下さい。宿泊料のお支払いは、郵便振り込み、あるいはクレジットでのお支払いも可能です。
また、オプションツアーや観光案内、レンタカーなどその他のサービスをご希望の場合もご相談下さい。
※<申込書>に宿泊希望・シングル・ツインの別・人数・禁煙・喫煙など必要事項を記入して下さい。
申込先 : 名鉄観光サービス(株) 札幌支店(担当:橋爪)
(営業時間:9:00〜18:00 土日祝日休み)
〒060-0003
札幌市中央区北3条西3丁目NREG北三条ビル1F
電話:011-241-4986、FAX:011-241-0154
メールアドレス:kenki.hashizume@mwt.co.jp

JSRM大会事務局

名称 : 第68回日本良導絡自律神経学会学術大会事務局 (東日本担当)
住所 : 〒231-0063
横浜市中区花咲町2-70 ミツミビル1F
永田・根本(後藤鍼灸治療院桜木町分院)
電話 : TEL&FAX:045-260-5508
メールアドレス : koho@ryodoraku-sakuragicyo.com

IFRMシンポジウム事務局

名称 : IFRMシンポジウム事務局
住所 : 〒005-0032 北海道札幌市南区南32条西10-2-1
中根敏得リハビリテーション内科小児科医院内
電話 : TEL:011-582-3131, FAX:011-582-3343
メールアドレス : ifrm@jsrm.gr.jp

大会役員

JSRM学会会長 : 伊藤樹史
JSRM学会副会長 : 武内節夫、稲森耕平、加藤信也、吉備 登、後藤公哉
JSRM大会会長 : 佐野敬夫(朋佑会札幌産科婦人科院長・学会査読委員長)
JSRM大会副会長 : 中根理江
実行委員 : 平賀欣也(長)、森健太郎(副)
運営委員 : 橋口 修(長)、高橋君城(副)
学術委員 : 桑原俊之(長)、宮本英司(副)
青年部 : 今井素子(長)
財務委員 : 鈴木利也(長)、中根理江(副)
監査 : 徳山宏基(長)、佐藤洋征(副)
大会事務局 : 永田宏子(長)、根本民穂(副)

IFRM設立記念シンポジウム役員

IFRM学会長(暫定) : 中根敏得

平成29年度日本良導絡自律神経学会
 本部理事会・総会

10月8日(土) 10:00 「平成29年度日本良導絡自律神経学会 本部理事会」予定
10月9日(日) 11:45 「平成29年度日本良導絡自律神経学会 総会」予定

役員ならびに会員の諸先生はご出席のほどよろしくお願い申し上げます。

良導絡の講習会

第14回 近畿ブロック講習会 (2015/Apr. - 2016/Mar.)※敬称略


ご 挨 拶
日本良導絡自律神経学会 近畿ブロック
会 長 : 吉備 登 (医学博士・関西医療大学教授)


 古来から,中国医学の一つである鍼灸治療は医療行為として用いられ伝承されてきました.近年ではリラクゼ−ションを主とした「慰安」や「美容」,そのほかスポ−ツ・介護などの「補助療法」として扱われることが多くなりました.
 良導絡自律神経学会は創設時より医療としての鍼灸療法(良導絡療法)を求めてまいりました.すなわち,「心地よさ」よりも「病を治してあげたい」という気持ちを大切にし,追求してきたのです.そのことから,本学会の会員は医師も多く,日本における医療鍼灸(Medical Acupuncture )団体と位置づけられています
 本学会では学会員が新しい医学知識を学べるために,毎年毎月,各科の専門家を招いて生涯学習の講習会を開催しています.また,この講習会では学会員以外の方でも,医学知識ならびに良導絡が学べる場として配慮されています.多くの方が奮って参加されることを希望します.

第1講座
4月12日(日)
13:00〜14:30 「良導絡とは」 講師:吉備 登
14:40〜16:10 「構造からみる膝関節痛の鍼灸治療」 講師:川崎勝巳
第2講座
5月10日(日)
12:45〜13:15 「初心者講習」 講師:森 正祐
13:20〜14:30 「古代刺法の現代応用」 講師:武内哲郎
14:40〜16:10 「病態運動学から見たスポーツ傷害のとらえ方とアプローチ」 講師:橋本 雅
第3講座
7月12日(日)
12:45〜13:15 「初心者講習」 講師:森 正祐
13:20〜14:30 「地域包括ケアシステムについて考える―地域連携に参加することの重要性―」
         講師:吉野亮子
14:40〜16:10 「スポーツ傷害の基礎知識」 講師:山口由美子
第4講座
9月13日(日)
12:45〜13:15 「初心者講習」 講師:森 正祐
13:20〜14:30 「臨床基礎実技(測定編)」 講師:林 正貴
14:40〜16:10 「新しいデルマトームの話」 講師:伊藤樹史

10月 10月10日(土)〜11日(日) 第67回 日本良導絡自律神経学会学術大会(京都大会)
メインテーマ「スポーツ障害と良導絡 」 会場:京都医健専門学校

第5講座
11月8日(日)
12:45〜13:15 「初心者講習」 講師:森 正祐
13:20〜14:30 「治療家が行うベビーマッサージ」 講師:岩本文子
14:40〜16:10 「うつ病と疼痛の関連について」 講師:中川 晶
第6講座
1月10日(日)
12:45〜13:15 「初心者講習」 講師:森 正祐
13:20〜14:30 「神経の基礎知識(ニューロンの伝導と伝達):その2」 講師:遠藤 宏
14:40〜16:10 「体幹の機能」 講師:上田陽之
第7講座
3月13日(日)
12:45〜13:15 「初心者講習 」 講師:森 正祐
13:20〜14:30 「臨床基礎実技(ER鍼編)」 講師:森 正祐
14:40〜16:10 「下腹部疾患の鍼灸手技療法」 講師:松浦英世

講師一覧
(※五十音順,敬称略)
伊藤樹史(日本良導絡自律神経学会 / 会長,武蔵野病院 / 院長)
岩本文子(日本良導絡自律神経学会 / 理事,一文鍼灸整骨院 / 院長)
上田陽之(社会福祉法人帝塚山福祉会リハビリテーション部 / 統括部長・理学療法士)
遠藤 宏(日本良導絡自律神経学会 / 組織部長,良導絡専門師・医学博士)
川崎勝巳(関西医療学園専門学校 / 非常勤講師,川崎針灸院 / 院長)
吉備 登(日本良導絡自律神経学会 / 副会長・近畿ブロック会長,関西医療大学・大学院 / 教授,)
武内哲郎(日本良導絡自律神経学会 / 編集部長,タケウチ鍼灸治療室 / 院長,良導絡認定師)
中川 晶(奈良学園大学 / 教授,なかがわ中之島クリニック / 院長・心療内科医)
橋本雅至(大阪河崎リハビリテーション大学 / 教授)
林 正貴(関西医療大学 動物系実験室 / 準研究員)
松浦英世(関西医療大学 / 客員教授,松浦鍼灸大学堂 / 院長)
森 正祐(日本良導絡自律神経学会 / 理事,森鍼灸院 / 院長,良導絡認定師)
山口由美子(サッカー日本女子代表チーム / トレーナー,関西医療大学 / 講師)
吉野亮子(KICボディサポート / 代表)

日時 : 隔月第2日曜日(2・6・8・10・12月休会) 13:00〜 16:00
場所 : SMG大阪
〒550-0014
大阪市西区北堀江1丁目6番2号サンワールドビル6階
TEL: 06-6538-4329, FAX: 06-6538-4315
●地下鉄・四ツ橋駅/4番出口前
会費 : 会場にて、随時受付ております.
入会金無料
日本良導絡自律神経学会員 1回¥3,000 (全7回<年間>一括払い ¥15,000)
一般 1回¥6,000 (全7回<年間>一括払い ¥30,000)
学生 1回¥2,000 (全7回<年間>一括払い ¥10,000)
※学生は「学生証」を提示すること.
 また今年度の卒業生も1年間は学生の受講費で受けられます
 (但し,卒業証書のコピーを提示すること)

海外情報

イタリア良導絡25周年記念学術大会

期 間 : 2016年11月10日(木)・11日(金)
場 所 :
ローマ市国立会議場 (Sala dell Istituto di Sannta Maria in Aquiro)
Piazza Capranica N 72 Roma

 イタリア良導絡学会に貢献された諸先生方の業績を顕彰する為に記念誌を発行させていただきます。
 記念誌は顔写真と共に良導絡イタリアと過ぎし思い出や感想激励を歴史に残るように、感謝をこめて日本文・伊文・英文の記述とします。記念メダルは氏名を刻み贈呈します。
 イタリア側も上院議員・ローマ大学の元学長や元学部長も寄稿し載せます。
 国立の会議場で催しますので平日になります。

  学術大会の概要
10日 
10:00  開会の辞 Dr.イドッタ
13:00  昼食
14:00  司会 Dr.中田
11日 
9:00  開会の辞 Prof Dr.フライエーセ
諸氏の良導絡講演
13:00  昼食
14:00  25周年記念講演 挨拶 On.シリポージ
Prof アグロ Prof フライエセ Prof 草柳伸朗
25周年祝賀式 記念誌・メダル授与
閉会の辞 Prof 草柳 肇

※閉会後、希望者で懇親会を兼ねた夕食会を催します。
原稿締切 2016年4月30日(顔写真共)
参加受付 東京良導絡研究所 崎村大樹まで
東京都渋谷区幡ヶ谷2-24-1
電話03-3376-0050  Fax03-3376-0054
イタリア良導絡学会 会長 草柳伸朗

ページの終了